《便利お得情報》地域によって発電量が異なっている

太陽光発電の発電量というのは、地域や屋根の角度、方位、隣地や周辺の建物の影響によって変わってきます。
つまり様々な発電量を変える要因があるために、明快な発電量に関する情報を調べようとしますと結構手間がかかってしまうものです。

 

もしも4kw程度の太陽光発電を設置された時の年間予測発電量というのは、およそ4500kwhから5400kwh程度となります。
これを電気料金として固定買取制度で計算しますと、約17万円〜20万円前後の換算電気料金となるのです。
現代は電気が無いと不便なことばかりであり、停電してしまったことで生命に関わる事態となってしまうこともあります。
いつ起こるかわからない災害時のために太陽光発電の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか? 太陽光発電の導入について地域で定期的に開催されているメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに申し込みをされると良いでしょう。
貴方が住んでいる地域の太陽光発電の過去データを知る良い機会となることでしょう。



《便利お得情報》地域によって発電量が異なっているブログ:17年09月19日

我が家は早寝早起き、
みんなそろって午前中ごはんを食べます。

娘が生まれる前は、
私も旦那もちょっと不健康な生活をしていました。

夕方は2時すぎに寝るのが当たり前だったし、
旦那は午前中ごはんを食べない人でした。
食事は外食やホカ弁が多かったと思います。

私たちはいつも寝不足というか、
たくさん寝ても「なんかだるいよね」と話していました。

それが…
娘が生まれてから、
私たちの生活は自然と変わっていきました。

我が家の娘たちは何故か
午前中5時ごろ夜泣きをしていたので、
そのまま起きるのが日課となりました。

それに伴い、寝るのも早くなりました。
娘と一緒に夕方9時に寝てしまうこともあります。

午前中は必ず6時に起きます。
二度寝しようと思ってもできないくらい、スッキリ起きます。

午前中ごはんは娘たちの要望で、
必ず二種類以上のフルーツのヨーグルト和えを出します。

旦那もこれだけは必ず食べるようになり、
だんだん午前中ごはんの量が増えました。
また、私はヨーグルト効果で便秘に悩むことがなくなりました。

加えて、金銭的な理由から
外食やホカ弁をほとんど食べなくなりました。

すると味の好みが薄味になり、
お店の濃い味が合わなくなりました。

それがまた手作り中心の食事に拍車をかけています。
そのせいか、旦那は結婚当時から1`痩せました。
現在午前中ごはんを大量に食べているのに…です。

規則正しい生活になると、
夫婦そろって午前中から元気に動けるようになりました。

私も体力がついてきました。
これは娘の抱っこで筋力がついた事もあると思いますが…

おでかけするにも、
午前中早いと混んでないし、気持ちいいですね。