《便利お得情報》太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう

太陽光発電のことを既に完成している商品を購入するだけという考え方を持っている人がほとんどかと思います。
しかしご自宅に適しているメーカを選び、設置をしてもらうという考えから太陽光発電はオーダーメイドと言えるのです。

 

国内メーカーの場合ですと、パナソニックや東芝の二社の太陽光発電は比較的発電効率が高いと言われています。
発電量が多くなりますと必然的に高価となり結局投資回収を考えますとよく検討をする必要があるのです。
ただ単に太陽光発電と言いましても、メーカーによってオプションやサービスなどが異なっています。
これらの詳細を知るために、まずは多くのメーカーの太陽光発電を比較して最もお得な業者から購入をするようにしましょう。 太陽光発電というのはメーカー毎に極端な相違点というものは無く、最低限の性能としましては同様となります。
ただし発電効率や発電量で言いますと多少なりとも違いがあるのです。



《便利お得情報》太陽光発電はオーダーメイド商品と考えようブログ:17年08月08日

あれはボクが10歳頃のことだったでしょうか…

ボクの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてボクがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ボクの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ボクはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
パパに訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

パパは時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあボクがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ボクは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
とパパは教えてくれました。

ボクは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そしてパパに時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、パパはこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜